大規模木造建築サービスセンター

大規模木造建築サービスセンターは、サービス付高齢者住宅・保育園・店舗など、非住宅中大規模木造建築の専門家集団です

会長ご挨拶

公共物件、学校、体育館、高齢者向け住宅などが、我々木造住宅業界でも作れるようになってきました。 しかし一般的な木造住宅を手がけているプレカット工場にとって、大規模木造建築物はこれまで、現実的に取り組みが難しいものとなっていました。 私たち「大規模木造建築サービスセンター」は、住宅業界業界の先行きを見据え、木造技術と資材供給を担ってきたプレカット工場などが集まり、それぞれ得意分野を生かして取り組んでいこうというグループです。 地域での大規模木造建築を行うのはゼネコンが多いと思いますが、彼らは木造についてほとんど手がけたことがなく木造の専門家から見ると問題点も多く見えてきます。 RC造などでは意匠から計画がスタートしても、設計、構造計算等はそれほど問題にならないと思います。 ところが木造はそう簡単にいきません。木材の性質や使い方、加工方法を熟知していなければ、耐震性に優れ、コスト対応に優れた木造建築はできません。 また工務店や木材を加工するプレカット工場だけが集まってやっても、なかなかできません。 私たちサービスセンターには、プレカット工場だけでなく構造計算、積算、CADソフトメーカーが集まりました。そして何よりも重要なのは材料を供給する集成材メーカー、構造の要となる接合金物メーカーが集まってます。 私たちは、これまでの木造建築が、特殊な寸法形状の集成材や接合金物を使うため高コストとなっていることを改め、木造住宅等で使われる一般的な流通材と接合金物等を多用することで、大規模木造建築のコスト低減に挑んでいます。 木造建築は、日本人の最もなじんだ「木の温もり」、安らぎがあります。これまで構造性能や安全性、コストの面で鉄骨造やRC造で大きな差がありましたが、私たちのセンターを活用して頂き、是非とも大規模木造建築にチャレンジして頂きたいと思います。


大規模木造建築サービスセンター
代表 工藤恭輔